【Pcata】 トップページへ戻ります
p182_累進寸法線

≪ダウンロード≫
FileSize: 270KB
複数点指定又は範囲選択をして累進寸法線を作図する外部変形アプリケーションです。寸法補助線、水平線となる寸法線、寸法値の位置、起点に円又は点・点マーカ、端点に線矢印,又は,点マーカ、寸法値関連を指定し作図します。寸法補助線と端点は寸法属性化、寸法線と寸法値は指定により寸法属性化、又は、寸法図形化します。寸法線は起点を始点とするため重複線となりますので注意して下さい。現在のレイヤグループ・レイヤ・線色・線種・線幅にて作図します。寸法値の色は指定した文字種指定に依存します。
 
範囲選択では、線分データの端点、点・点マーカ、円弧の中心点、円弧の端点を取得するようになっています(選択後に指定可能;寸法属性のデータは除去します)。点座標が重複する場合は重複作図しないようにしています。水平座標が同じで垂直座標が異なる場合は高さ位置に近い方の点を取得します。
寸法線端点の矢印が大きくて各区間長さの半分を超える場合には、各区間長さの半分の大きさになるよう自動調整されます。この場合、端点の矢印の大きさはまちまちになりますので、適正な矢印長さ/倍率指定を行って下さい。起点の大きさの自動調整は行いません。
寸法値の位置を寸法線の上側とした場合、寸法値は右端点から端点矢印の水平サイズ+矢印と寸法値の余白として「寸法値と水平線との距離」の分だけ左側へずらした位置に作図しますが、寸法値が作図出来ない場合には寸法値を引き出して作図されます。その際、隣の寸法値と重なるような場合には自動的に避けるように作図します。但し、状況によっては寸法値と隣の引出線が重なってしまう場合がありますので注意して下さい。寸法値が「0」になる場合、その寸法値は作図しません。
 
※各設定値は、この外部変形アプリケーション独自の設定ファイルとして呼出・登録を行います。「p156_水平寸法線.bat」「p161_垂直寸法線.bat」等の設定とは共有利用しませんので御注意下さい。
インターネットに接続出来るPCでのみ利用可能です。Jw_cad PR外部変形アプリケーションを動作させる際、ウイルス/セキュリティソフト/セキュリティ設定の画面が表示され、許可/遮断を問い合わせてくる場合がありますが、その場合には「許可」を選択して下さい。
操作手順:
Jw_cad から「その他」→「外部変形」
「p182_累進寸法線.bat」を実行
 
計測点を取得する手法を選択
[複数点指定]又は[範囲選択]を指定
ここでは[複数点指定]を指定

高さ位置を指示

計測点を指示
(※Jw_cadの寸法作図機能とは異なり、スナップする場合は必ず右クリックして下さい)

次の計測点を指示
(※Jw_cadの寸法作図機能とは異なり、スナップする場合は必ず右クリックして下さい)

指示が終了したら[点指示終了]

作図指示

作図完了

 
 
 
計測点を取得する手法を選択
[複数点指定]又は[範囲選択]を指定
ここでは[範囲選択]を指定

高さ位置を指示

範囲始点を指示

範囲終点を指示

作図指示

作図完了

 
 
※寸法線は軸角を反映します。
※寸法図形要素とした場合、接頭文字・接尾文字は作図後の移動・複写・変形等により消えてしまいます。また、Jw_cadの寸法設定状態に変わる場合もありますので注意して下さい。
※単位は「mm」又は「m」のみ使用可能です。