過去ログ:
キーワード 条件 表示

[268] [Pcata] p062_円楕円の複線を作図 投稿者:AF 投稿日:2012/09/27(Thu) 10:22   <URL>

Pcataサイトにて
p062_円楕円の複線を作図
http://p-cata.from.tv/jwwgapp/p062.html
を公開しました。

円・円弧・楕円・楕円弧を指定し、その複線(オフセット線)を作図する外部変形アプリケーションです。現在のレイヤグループ・レイヤ・線色・線種・線幅にて作図を行います。
 
Jw_cad の標準機能として複線コマンドがありますが、楕円・楕円弧の複線は楕円・楕円弧となります。本アプリケーションでも「楕円弧を線分化」を行わない設定では同様となりますが、これを行う設定の場合、楕円・楕円弧を線分化した状態(多角形状態)に対する複線処理を行い、作図結果は短い線分の集合となります(※曲線属性は付加していません)。分割数を多くすればする程、誤差は減りますが線数が増え、処理速度も遅くなります(多くし過ぎてフリーズした?と思った場合には[Esc]キーを押して中断して下さい)。なお、指定によっては作図が乱れる場合がありますので御注意下さい。


[267] [Pcata] p189_画像を探せ! 投稿者:AF 投稿日:2012/09/26(Wed) 09:14   <URL>

Pcataサイトにて
p189_画像を探せ!
http://p-cata.from.tv/jwwgapp/p189.html
を公開しました。

この外部変形アプリケーションは、画像(画像を参照させている文字要素データ)を探すためのソフトです。
 
この外部変形アプリケーションは、選択した要素データを参照しているだけですので、通常の外部変形とは異なり、起動した後はすぐにJw_cadへ処理を戻し、本ソフトはそのまま動作させています。そのため、本ソフト画面と Jw_cad 画面を同時に見ながら Jw_cad 上で作業を行う事が出来ます(※その後の作業内容は本ソフト画面に反映されません)。本ソフトは、不要になったら御自身で必ず閉じて下さい。
 
画像参照文字要素、つまり、「^@BM」で始まる文字内容の文字要素を探して、その一覧を表示し、その画像ファイルが存在するか否かを確認します。
 
外部変形アプリケーション画面が表示されたら、[検索]をクリックして下さい。文字要素の基準点の箇所に赤い円を表示します。これでおおよその位置が分かると思います。(※赤い円の大きさは固定ですので拡大し過ぎると文字との関連が分かりにくくなるかもしれませんので注意して下さい)
 
画像同梱用の一時作成フォルダは、最新のものを見に行く為、Jw_cadを複数起動している場合には正常にチェック出来ません。
一覧の画像ファイル名の右横には
 「?」・・・図面が新規状態で相対パス表記の場合。
 「○」・・・画像ファイルが見つかりました。
 「×」・・・画像ファイルが見つかりません。
 「※」・・・ネットワーク共用フォルダを直接参照しています。
       画像同梱には失敗しますので要注意。
が付きますので確認して下さい。
 
 
このソフトは、画面の位置・大きさを前回位置の保存・呼出で行っており、他のソフトのようなマウス位置での表示という事は行っておりません。
 
外部変形ですのでブロック図形内部を直接操作する事が出来ませんので御注意下さい。 もし、ブロック編集を行っている状態で動作させる場合には、本アプリケーションを、Jw_cad をインストールしたフォルダに入れて実行する必要がありますので御注意下さい。


[266] [Pcata] p061-SXF→通常・線色線種変更2 投稿者:AF 投稿日:2012/09/25(Tue) 07:47   <URL>

Pcataサイトにて
p061-SXF→通常・線色線種変更2
http://p-cata.from.tv/jwwgapp/p061.html
を公開しました。

範囲選択した要素データの線色・線種がSXF対応拡張線色・線種である場合、それを通常線色・線種に変更する外部変形アプリケーション。
 
選択した要素データの数が表示されます。
(※寸法図形の色は、寸法値・寸法値を別カウントします)
線色値は、1(線色1)〜8(線色8)、9(補助色)、
線種値は、1(実線)〜8(二点鎖線2)、9(補助線種)、
     11(ランダム線1)〜15(ランダム線5)、
     16(倍長線種1)〜19(倍長線種4)、
の各値にて入力して下さい。
変更無し、ソリッドのRGBカラー、は指定出来ません。
文字は任意サイズ(フリーサイズ)のものが対象となります。
(※文字種1〜10の設定では SXF線色は指定出来ないため)


[265] [Pcata] p188_線分交点で切断 投稿者:AF 投稿日:2012/09/24(Mon) 08:20   <URL>

Pcataサイトにて
p188_線分交点で切断
http://p-cata.from.tv/jwwgapp/p188.html
を公開しました。

範囲選択をした要素データのうち、線分データを対象とし、線分と線分の交点で線分を切断する外部変形アプリケーションです。
 
全レイヤグループを対象としています。選択したくないレイヤ・レイヤグループは、表示のみ/非表示にしてください。寸法図形・寸法属性の図形は対象外としています。
曲線データ(曲線属性が付けられている線分データ)を切断するかどうかは選択出来るようになっています。但し外部変形の仕様上、レイヤ・色・線種・線幅の異なる線分データの集まりはバラバラになってしまいますので御注意下さい。
 
2線分がT字状態になる場合も切断するようになっています。
 
 
外部変形ですのでブロック図形内部を直接操作する事が出来ませんので御注意下さい。 もし、ブロック編集を行っている状態で動作させる場合には、本アプリケーションを、Jw_cad をインストールしたフォルダに入れて実行する必要がありますので御注意下さい。


[264] RN_Menu Ver.1.04 投稿者:AF 投稿日:2012/09/03(Mon) 22:41   <URL>

当方のフリーウェア・コーナーにて
 「Jw_cad コマンド連動型外部変形メニュー
   RN_Menu Ver.1.04」
をアップしました。

Jw_cad(Ver.7.11対象)の実行コマンドに連動して切り替わる外部変形メニューソフト。Delphi6.0J使用。EXEのみ。表上で右クリックして外部変形名・バッチファイルを指定して登録。表をダブルクリックすると外部変形を実行します。Jw_win.jwf に下記を追加する必要があります。
GCOM_100 =,RN_Menu,,,,,,,,,C:\JWW
必ずカンマ1つの後に記述して下さい(GCOM_101)。本ソフトから「Ctrl」+「B」を送信しています。※Ver.7.11に合わせているので他バージョンだと動作しない可能性があります。
Ver.1.02:[開始]〜[実行中]のボタンを廃止し[設定]追加。そこにメニュー編集モードを追加(メニュー編集モードにするとページ自動切替が行われません)。表をShiftキー/ドラッグで複数行選択可能にして,[Ctrl]+[C]/[X]/[V],[DELETE]の編集機能を追加。
Ver.1.04:微調整